会報(ニュースレター)一覧

カラフルライフ Vol.43 (2009年4月号)

目次
  • 田中康雄先生のドクターのつぶやき
  • るるこのまーいっか・・・ 
  • ADHD 360国際調査 
  • 品川裕香さんの子ども支援最前線 
  • 点滴?みたいなQ&A
  • えじそんママのHappy子育て 
  • エンジョイ☆ADHD 
  • えじそんくらぶの会 ・お知らせ
  • ズレちゃんの今日も元気 
新たな目標に向かって

 3月28日に、学芸大学副学長の上野先生の退官記念パーティーがありました。私はこのようなパーティーに参加したことは初めてでしたが、LDというキーワードでつながった、顔見知りの方が多数参加しておられて、前回はLD学会に出席できなかったこともあり、同窓会(当事者会?)気分を味わいました。この分野で長年活躍している方がたくさんお集まりで、その中でまだ経験の浅いこの私を来年度のLD学会で上野先生が鼎談のメンバーに選んでくださったのは、本当にうれしく思いました。今までも有名な方と対談を実施していますが、竹田先生や田中先生は、食事をご一緒することもあり、雑談をよくするので、なんとなくその延長でできる感じですが、今回のLD学会での鼎談はちょっと心配です。でもきっと面白い内容になると思いますので、是非ご参加下さい。もしかしたら、他のお二人に圧倒され、口数が少なくなるかもしれません(ホント?)。

 このパーティーで最初にお祝いの挨拶をなさった竹田先生のある言葉がとても印象的でした「ハイパーな人には、それを上手くコントロールする優秀なサポーターが必要!」(とはいえ、文言を正確に覚えてない作業記憶の悪さが自分で情けない・・・)。
 確かにそうなのです。発達障害系の人には、その人の能力を発揮することを阻む、やっかいな特性を理解した支援者が不可欠です。実力を引き出してくれるパートナーに出会えるか否かは、その人の人生の質を変えるほど大きな要素だと思います。ADHD系で重要なのは、特にハイパーな時の適度のブレーキ(この加減がむずかしいのです。強すぎても弱すぎてもダメ、タイミングも重要。理事の川崎曰く、ハイパー中はブレーキかけても無駄、ストレスが増すだけなので少し傍観したほうがいいそうです。)、大きなミスをした時の後処理のアドバイス、いくらポジティブバイヤスがあるとはいえ、急激に落ち込むときのプラス思考への切り替えです。(3月にも痛恨のポカミスをして、一部の会員さんをがっかりさせてしまいました。すみません!)
 えじそんくらぶが今も存在できるのは、理事や事務所スタッフの理解と支援が大きいのですが、最近は会員さんに助けられることが多く、どちらが支援者かわからない、理想のGIVE&TAKE状態(そう思うのは私だけ?)です。親御さんの中には、知識と実践を兼ね備えた発達障害の支援のエキスパートが増えてきました。みんなに「高山さんは、うちの子より簡単。自覚があるからまだマシ、それに感謝してくれるからこちらもうれしくなる。子どもはサポートしてもめったに感謝なんかしてくれないから」といわれます。
ありがたいな~と痛感する時です。

 最後にパーティー会場にいらっしゃった柘植先生に「高山さん、講演活動自粛して、早く論文書かないとダメだよ」といわれました。前回お会いした時も、「高山さん、あれこれ迷ってないで、早く研究内容確定しないとダメだよ」といわれましたが、やっとやっとやりたいこともまとまってきました。もともと研究者を目指すわけでもなく、ADHD等のある子とその家族、支援者のために、行政を動かすための研究をしたいというのが願いです。今後も会員の皆様のご協力を、お願いします。
 それから以前からの祈願であった、「全都道府県で講演をやる」という目標がやっと21年度、最後の県である鹿児島で実施されることになって達成できそうです。これを機会に少し講演の仕事は減らしていきたいと思います。しかし最近、私が講演して、徳をしているのは、私自身かも知れないと思うのです。ADHDなど発達障害の当事者の思いを支援のスキルとともに伝えるという活動は、サポーターを育成していることになるのですが、1回呼んででいただくとその後2,3回連続で読んでいただくことが多く、2回目以降の受け入れ態勢は、ADHD対応が完璧なのです。
そろそろ発達障害の理解と支援も理念中心の総論から具体的な各論にシフトしている時期でもあるので、単発の講演会より、親支援講座やストレスマネジメント、科学教室など、就労支援の各論をていねいにやったり、指導者の育成に重点をおきたいと思います。
また来年度は、品川裕香さんと「いじめ問題」に真剣に取り組んでいきます。少年院の法務教官の向井さんたちによるワークショップも計画しています。21年度も無料の講座を増やして行きたいと思いますので、よろしくお願いします。(高山恵子)

カラフルライフ Vol.42 (2009年2月号)
カラフルライフ Vol.44(2009年6月号)
トップ >> えじそんくらぶの活動報告 >> 会報(ニュースレター)一覧 >> カラフルライフ Vol.43 (2009年4月号)