その他の講座・イベント

埼玉親の会「麦」/「サポート手帳」の活用~発達障害のある人への新制度~(5月24日さいたま市)

埼玉親の会「麦」5月例会・一般研修会
 
「サポート手帳」の活用~発達障害のある人への新制度~

・サポート手帳ってなに?   ・どこで入手できるの?   ・誰が記入するの?
・医師の診断がなくても使えるの?  ・誰が管理するの?  ・何歳まで使えるの?

埼玉県では、発達障害者支援のための「サポート手帳」を作成し、今年3月より各市町村障害福祉窓口で配布しています。より良い支援を受けるためには、どのように「サポート手帳」を活用したらよいでしょうか?県担当課より、みなさまが疑問に思うことなど、「サポート手帳」についてご説明いただきます。有効な活用方法を学び、関係機関と共通理解を図りましょう。(当日、会場で「サポート手帳」を回覧いたします)

日 時:5月24日(月)10:00~12:00    受付9:40~
会 場:浦和コミュニティセンター 第13集会室(浦和パルコ10F) 
     さいたま市浦和区東高砂町11-1 TEL048-887-6565  
     JR浦和駅東口下車徒歩1分 有料駐車場あり   
テーマ:「サポート手帳」の活用 ~発達障害のある人への新制度~
講 師:秋山 芳幸 氏(埼玉県障害者福祉推進課)
参加費:無料
対象者:保護者、一般、関係者ほか 70名
    定員になり次第、締め切らせていただきます。
    定員オーバーで参加できない場合、こちらからご連絡いたします。
申込み:参加者氏名、連絡先(住所・電話・FAX・MAIL)、所属(保護者・関係機関)を
    ご連絡ください。申込みに際して知り得た参加者の情報は、目的外には使用せず、
    研修会終了後は処分いたします。ご安心ください。
    なお、保育は会場の都合で行っておりません。
    お子様連れの場合、保護者の責任において管理お願いします。

<申し込み・問い合わせ先>
 埼玉親の会「麦」矢崎まで  TEL&FAX 048-687-9435  MAIL ldmugi@hotmail.com
 

埼玉親の会「麦」とは?
「麦」は、1989年に発足し、埼玉県内のLD(学習障害)、ADHD(注意欠陥多動性障害)、高機能自閉症等の知的に遅れのない発達障害の子どもを持つ保護者で構成されています。
「麦」は、保護者自身が子どものことを正しく理解し、また、子どもたちが地域や社会に理解されて、自立した豊かな社会生活が送れるよう、様々な活動を行っています。
日本発達障害ネットワーク(JDDネット)・NPO法人 全国LD親の会 に所属

東北と東京を結ぶ発達障害ワークショップ交流会( 5月15日)
しいのみサマーセミナー“通常学級の特別支援教育支援員向けセミナー”(7月23日埼玉大学)
トップ >> 講座・イベントのご案内 >> その他の講座・イベント >> 埼玉親の会「麦」/「サポート手帳」の活用~発達障害のある人への新制度~(5月24日さいたま市)