未分類

「障害をもつ大学生を理解するためのハンドブック(北海道大学)」のご案内

「障害をもつ大学生を理解するためのハンドブック」
                  冊子配布及び無料ダウンロードのご案内(2009年12月)

 この度、北海道大学教育学研究院では、特別教育研究経費「軽度発達障害児・者に対する生涯教育支援プログラムの開発」による研究において、マサチューセッツ大学アマースト校の教員と連携をし、大学のディスアビリティサービスが提供している障害をもつ学生用のハンドブックを日本語に翻訳し、訳者グループが大学教員向けに解説を加えたものを配布することにいたしました。

 この冊子は、障害を持つ学生自らが活用できるものとして大学で配布されているものです。今回翻訳するにあたり、私たちは原本の翻訳に付け加えて、障害にかかわる情報や大学における障害を持つ学生の支援についての簡単な解説を添えました。日本においても障害を持つ学生への支援の取り組みは、すでに先行する大学があるなかで、われわれの大学は後進大学と言わざるをえません。とにもかくにも第一歩をと思い、本企画に取り組みました。
 大学教員の営みとして、研究も当然重要ではありますが、学生を中心とした教育の一環としての学生支援がより求められる時代となっております。ぜひ、本冊子をお手にとってお読みいただけたらと存じます。

冊子につきましては、ダウンロード版と紙媒体とがございます。
【ダウンロード版】
北海道大学子ども発達臨床研究センターの特設ページ
https://www5n.sppd.ne.jp/rcccd.littlebaby.jp/dl_files/disabilityservice_j.pdf

【紙媒体】
下記メールにお知らせください。こちらから郵送にて送付させていただきます。
E-mail:hokudai-manzoku「@」edu.hokudai.ac.jp

(メールを送る際は@前後の「」をとってご利用ください。)

 なお、本事業は特別教育研究経費「軽度発達障害児・者に対する生涯教育支援プログラムの開発」による研究の一環において、取り組んでいます。

狛江市育ちの森マップ
療育手帳に関する総務省通知(平成22年9月13日付)
トップ >> 未分類 >> 「障害をもつ大学生を理解するためのハンドブック(北海道大学)」のご案内