AD/HDに関わる薬剤について

AD/HD治療薬「ストラテラ®」の18歳以降継続使用について(2010年6月15日)

注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬「ストラテラ®」、18 歳以降も継続使用可能に
~小児期のAD/HD でストラテラによる薬物治療を開始した患者に~

日本イーライリリー株式会社の注意欠陥/多動性障害(AD/HD)治療薬「ストラテラ®(一般名アトモキセチン塩酸塩、以下ストラテラ)」は、6 月14 日、厚生労働省から添付文書改訂の事務連絡を受け、小児期のAD/HD でストラテラによる薬物治療を開始した患者で、18 歳以降も継続して本剤による治療が必要だと判断された際には、定期的に有効性及び安全性を確認しながら治療を継続することが可能になりました。
詳細は、日本イーライリリー株式会社HP、2010年6月15日:プレス発表資料をご覧ください。
成人期AD/HDについては引き続き治験を行うとのことです。
2009年6月19日 AD/HD治療薬「ストラテラ®」発売
現在承認されているADHDの薬について
トップ >> AD/HDガイド >> AD/HDに関わる薬剤について >> AD/HD治療薬「ストラテラ®」の18歳以降継続使用について(2010年6月15日)