AD/HDの基礎知識

アメリカ精神医学会の診断基準第5版(DSM-Ⅴ)による注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害の診断基準

DSM-5における注意欠如・多動性障害(ADHD:Attention Deficit Hyperactivity Disorder)の診断基準

A1:以下の不注意症状が6つ(17歳以上では5つ)以上あり、6ヶ月以上にわたって持続している。
  • a.細やかな注意ができず、ケアレスミスをしやすい。
  • b.注意を持続することが困難。
  • c.上の空や注意散漫で、話をきちんと聞けないように見える。
  • d.指示に従えず、宿題などの課題が果たせない。
  • e.課題や活動を整理することができない。
  • f.精神的努力の持続が必要な課題を嫌う。
  • g.課題や活動に必要なものを忘れがちである。
  • h.外部からの刺激で注意散漫となりやすい。
  • i.日々の活動を忘れがちである。
A2:以下の多動性/衝動性の症状が6つ(17歳以上では5つ)以上あり、6ヶ月以上にわたって持続している。
  • a.着席中に、手足をもじもじしたり、そわそわした動きをする。
  • b.着席が期待されている場面で離席する。
  • c.不適切な状況で走り回ったりよじ登ったりする。
  • d.静かに遊んだり余暇を過ごすことができない。
  • e.衝動に駆られて突き動かされるような感じがして、じっとしていることができない。
  • f.しゃべりすぎる。
  • g.質問が終わる前にうっかり答え始める。
  • h.順番待ちが苦手である。
  • i.他の人の邪魔をしたり、割り込んだりする。
B:不注意、多動性/衝動性の症状のいくつかは12歳までに存在していた。
C:不注意、多動性/衝動性の症状のいくつかは2つ以上の環境(家庭・学校・職場・社交場面など)で存在している。
D:症状が社会・学業・職業機能を損ねている明らかな証拠がある。
E:統合失調症や他の精神障害の経過で生じたのではなく、それらで説明することもできない
AD/HDに関するQ&A
トップ >> AD/HDガイド >> AD/HDの基礎知識 >> アメリカ精神医学会の診断基準第5版(DSM-Ⅴ)による注意欠如・多動症/注意欠如・多動性障害の診断基準